日本語 | English

■ 4月30日~6月29日にかけて、「日本のジャズ」を取り扱います







Atom_feed




1
夏の「土用の丑の日」になぜウナギを食べるのか?



日本では夏になると、みんながみんなこぞってウナギを求める傾向がある。「土用の丑の日」にはウナギを食そう、という習慣からだ。
この習慣は江戸時代の発明家・平賀源内が、鰻屋に頼まれて作ったキャッチ・コピーから現代にいたるとされるのが定説。暦の雑節のひとつ「土用」は、夏だけでなく春夏秋冬あり、平均年6回ほどあるのだとか。
ちなみにウナギの旬は、冬眠に備えて栄養を蓄えている晩秋から初冬あたりである。


<<次へ | 日本製あれこれ101一覧