日本語 | English

■ 2月28日~3月30日にかけて、「日本の伝記」を取り扱います







Atom_feed
「天盃 博多祇園山笠」
博多の祭の心意気を映し出す本格焼酎

LINEで送る

「天盃 博多祇園山笠」
アルコール:40度
内容量:720ml
価格:税込3,710円
原材料:筑紫平野産二条大麦100%
麹:鹿児島産河内式白麹
酵母:協会9号酵母
蒸留方式:常圧再蒸留
天盃URL:http://www.tenpai.co.jp

日本が誇る醸造酒、日本酒。では日本が誇る蒸留酒とは? これは万人異存無く、焼酎なのでは無かろうか。

細かな説明をすると、醸造酒とは、原料を発酵させそのまま飲む酒。蒸留酒とは、醸造酒を加熱して沸点の違いによりアルコールと旨み成分を取り出した酒である。洋酒では、ウィスキーやブランディなどが蒸留酒の代表格として挙げられる。

日本が誇る蒸留酒・焼酎の種類は、その蒸留する前の醸造酒の原料に何を使うかで分けられる。芋を使うと芋焼酎、麦を使えば麦焼酎となるわけだ。ちなみに蒸留とは、いったん混合物を蒸発させ、後に凝縮させることで、沸点の異なる2つ以上のものを濃縮・分離させることを指す。

さて、本格麦焼酎はやはり麦の名産地から。天盃(てんぱい)は国内有数の麦産地・筑紫平野において創業1898年の、九州が誇る名焼酎蔵元だ。その中でも地域に根ざした銘酒といえるのが「天盃 博多祇園山笠」だ。

博多祗園山笠は、毎年7月上旬に福岡市博多区で催される、700年以上の伝統を持つ祭のこと。その祭にかける博多の心意気を反映したかの様な、肉厚な味わいを持つのが「天盃 博多祇園山笠」だ。

もとより天盃の名は『天盃頂戴』、つまりは大いなる慶びを表すものに由来していることからも、福岡の伝統ある祭を冠するに相応しいといえるのではないか。通例、蒸留酒は貯蔵・熟成することでその味わいに深みが増すが、「天盃 博多祇園山笠」は5年モノなので、かなりのものだ。

天盃の焼酎は、皆、一切の薬品加工・添加物使用を認めない本当の本格焼酎。その5年モノとだけあり、値は多少張るし毎年6月半ばの発売は予約販売のため入手はしにくいが、ひと口飲んでいただければ、その価値は明らかになろう。






 

福光屋 純米甘酒
老若男女を楽しませるマルチ・ドリンク

「梵 超吟」加藤吉平商店
国内外のVIPを感動させる銘酒