日本語 | English

■ 4月30日~6月29日にかけて、「日本のジャズ」を取り扱います







Atom_feed
『親バカ日誌』
ラーメン、ツケ麺、ボク、イクメン! OK?

LINEで送る

長寿少女漫画『パタリロ!』の作者としておなじみの魔夜峰央が、自身の家族をネタに描いたエッセイ・コミックといえば、『親バカ日誌』です。シリーズは、

2001年『親バカ日誌』
2005年『親バカの壁』
2006年『親バカ輪舞(ロンド)』
2008年『親バカの品格』

以上の計4作です。

主要キャラクター、つまり魔夜峰央の家族構成にあたるわけですが、夫・峰央と妻・芳実、そして美貌に恵まれた2つ歳の離れた2人の子供(姉と弟)です。連載スタート当初、子供たちは小学生でした。要するに、魔夜峰央の育児日記なのですが、そのため、従来の少女漫画の読者とは異なる層にも、つまり家庭を持っている、もしくは持とうとしている男性にも、大いに楽しめるエッセイとなっています。


なぜ楽しめると断言できるのか、と言いますと、だってあのギャグ漫画の大家(「おおや」ではない)、『パタリロ!』の作者が描いているのですから。無論、それだけではありません。小さな子供を抱える親が遭遇するであろう、嬉しいことや悲しいこと、不思議なこと(部屋の中になぜか鉄パイプがあるなんて、独身では、まあ有り得ませんからねぇ)が面白おかしく、しかも絶妙なテンポ(ここ重要です)で描かれていることも、要因のひとつです。

もっとも、子供たちが小中学生の頃はともかく、10代後半ともなると、それぞれ行動範囲が、親の目の届かないところへ広がるもので、マンガから家族は次第に姿を消してゆきます。そしてその代わりにパタリロが出てきます。前半2作と後半2作では、内容は別物と思ってもらって構わないでしょう。

では、後半2作は、タイトルに偽りアリなのか、駄作なのか、と問われれば、そんなこともありません。作者と宝石についてのエッセイが収録されていたり、魔夜峰央の独特なマンガの描き方が描出されていたりして、魔夜峰央の壮年の記録として、これはまたこれで楽しめるというものです。愛妻家であり、元・イクメンでもある魔夜峰央のことですから、家族が全く出てこない、なんてこともありませんしね。


作品情報

・作者:魔夜峰央
・出版:白泉社

・2001年『親バカ日誌』
・2005年『親バカの壁』
・2006年『親バカ輪舞(ロンド)』
・2008年『親バカの品格』







 

『目の玉日記』
For Once In His Life

『坊主DAYS』
エッセイ、そして「漫画」としての秀作