日本語 | English

■ 10月31日~11月29日にかけて、「2017年のポップス」をフィーチャーします







Atom_feed
日経ビジネス
日本ナンバー・ワンの経済情報誌

LINEで送る

日本経済新聞社の子会社である日経BP(ビジネス・パブリケイションズ)が発行する経済情報週刊誌。市販(一般書店等での販売)は都心の駅売りなどを除いてほぼ無く、定期購読契約を募り、直送するという直販制を採用しているため、一般にはあまり馴染みはないかもしれないが、発行部数はおよそ20万部前後を誇る(日本ABC協会調べ)。

雑誌自体は、ライバル誌である「週刊東洋経済」「週刊ダイヤモンド」が戦前の創刊であるのに対して、戦後(1963年)の創刊と、後発に位置するものの、何と言っても「日経」のブランドの強さなのか、経済週刊誌としては断トツで1位の部数(日本ABC協会調べ)。


日経ビジネス 2015年 7月27日号


構成としては、特集記事はもちろん、独創的な経営戦略を行う企業を紹介する「戦略フォーカス」や、企業のトップの名言を紹介する「有訓無訓」(個人的には、名言に意義を感じないので、無意味とは思う)、海外のビジネス誌と提携し、海外の経済の動向をレポートするなど、とにかく「企業」「経済」尽くめ。

直販モノだけあって、はっきり言って読む人を選ぶ。経済フリークや背伸びをしたい学生を除いて、パートの主婦やサラリーマンにとって面白いもの、目を引くものは恐らく皆無。子供が独立して、株の売買に手を出したという中高年サラリーマンが興味本位で下手に手を取ると、パニック寸前になるのではないか、というくらい、とことんビジネスマンや経営者、財界人向けのコンテンツになっている。

「日経」が冠されたいずれのメディアにも言えることだが、「日経」ブランドを信用するか否か、に尽きると思う。余談だが、第二次安倍内閣において、安倍晋三のブレーン、スピーチ・ライターを務める谷口智彦(内閣官房内閣審議官)は、もともとは「日経ビジネス」の記者であった。


日経ビジネスオンライン







 

週刊東洋経済
明治から続く、日本最古の週刊誌

週刊ダイヤモンド
ダイヤモンド社の営業力を、思い知る