日本語 | English

■ 4月30日~6月29日にかけて、「日本のジャズ」を取り扱います







Atom_feed
クック・ロビン
RFWの、カジュアルかつ上品なレザー・サンダル

LINEで送る



十代の頃、夏休みに近所のお祭りで、たまたま会った同級生の女子のサンダルを履いた足に見とれた・・・「サンダル」と「夏」という言葉のコンボからは、こんな柑橘系の想い出がよみがえったりします。

さて、そんな夏が今年ももうすぐやってきます。そこで今シーズンオススメの日本製のサンダルを、ココでご紹介しましょう。スニーカーのブランドとしては、今ではすっかり有名どころとなったRFWの限定展開サンダル「クック・ロビン」です。






RFWのクツといえば、無駄や装飾をはぶいた、シンプルでいて独特でもあるテイストが持ち味とされていますが、今回の「クック・ロビン」もまたしかり。夏に相応しい、解放感あふれるカジュアルな、しかしそれでいてどこか品格を漂わせるサンダルなのです。

その秘密をいくつかご紹介しましょう。まずは、アッパーに使われている牛ヌバック・レザー。革を目の細かいサンドペーパー等で毛羽立たせ、毛足が短くて繊細な風合いに仕上げたものをヌバックと言いますが、ヨーロッパの一流タンナーにより作られたそれは、いわく「通常のレザーに比べて、肉厚で表情豊かな事が特徴」とのこと。

ミッドソール(ソールの中間部分)にはEVAを用いており、クッション性も抜群です。ちなみに、EVAとは樹脂素材の名前です。ココでは、軽めのバスマットをイメージしてもらえればいいでしょう。断じて、人気ロボットアニメのそれではありません。

クツ底には厳選された国産ゴムソールを使用。これにより、侮れないグリップ力を誇ります。つまるところ、多様なシチュエーションに対応した、上品かつカジュアルなサンダルである、ということです。

写真を見て「うーん、良いんだけど、カカト部分のストラップが邪魔だよね」と思われたアナタ。大丈夫です、ストラップは取りはずし可能ですよ。

発売時期は、2014年6月上旬を予定とのことです。





お問い合わせ先

・社名: 株式会社リズム
・住所: 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷3-37-8日鳥ハイツ205
・電話: 03-5411-7876
・ホームページ: RFW







 

ストラットフォード
自分だけの物語を刻む、レザー・ブーツ

そのみつのクツ
成長し続ける、オーダーメイドのクツ