日本語 | English

■ 6月30日~7月30日にかけて、「日本の鞄」を取り扱います







Atom_feed
「ちゃけちょけ」の靴
自分を表現する大人女性のシュー・ブランド

LINEで送る

EVA×ちゃけちょけ
真希波・マリ・イラストリアスモデル
ブーティ エヴァンゲリヲン新劇場版: Q

ヒールの高さ: 9 cm
価格: 19,800円+税
©カラー
靴に求めるものというのは、あくまで人によって異なります。「私が生きている間はずっと履き続けたい」という靴をお求めの方もいるでしょうし、「普段気兼ねなく履ければ、なんだって良いよ。高いモノだと気兼ねしちゃうからさ」という人だっているでしょう。ひとくくりに出来るものではありません。

さて、そんなさまざまなニーズの中には、デザイン重視で、絶対他のブランドにはないような靴が欲しい、というものありましょう。女性ならなおさらです。ファッションというのは、8割がた女性のために存在するようなものですから。そんな女性におすすめしたいブランド、それが「ちゃけちょけ」です。

神戸レザークロスのお抱えブランドのひとつですが、デザイナーである倉田彩加さんと浅草の靴職人の、いわゆるセンスと技術のフュージョン・・・とでもいうものがコンセプトです。

ラインナップを見て一瞬目を丸くしてしまうほど、フツーの平々凡々たる靴はありません。ヒール、ブーツなど、思わず微笑んでしまうほどのキッチュさ。しかしそれでいて、たとえばこれを履いて出社しても、ギリギリありかな、という範疇に収まっているのがすごいと思います。まぁ、出社先の職種にもよりますけど。


サイドゴアブーティー

ヒールの高さ: 7.5 cm
価格: 21,800円+税
女性の靴の用途のひとつに、「自分を表現する」というのがあります。そのためのブランドとして「ちゃけちょけ」はうってつけではないでしょうか。見た目重視のみならず、履き心地なども損なわれていませんし、耐久性もしっかりとしています。確かに歴史や物語という面では、他のブランドに劣るかも知れませんが、それだけが靴ではないでしょうから。

今年に入って、「黒執事」や「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」などとのコラボレーション・シューズも盛んですから、そっち方面でお見知りおきした方もいらっしゃるのではないでしょうか?



お問い合わせ先

・社名: 神戸レザークロス PB事業部
・住所: 〒111-0025 東京都台東区東浅草1丁目8-11
・電話: 03-3874-5117
・公式ブログ: ちゃけちょけブログ







 

「サパテオ」のファースト・シューズ
外へ出かける楽しさを、赤ちゃんの足に

「ベンチ・メイド」
一生、あるいは半生を共に歩む伴侶としての靴