日本語 | English

■ 8月31日~9月29日にかけて、「2016年のポップス」を(今頃)取り扱います







Atom_feed
辻忠商店のつげ彫花櫛
この優しい櫛は、花のような女性にこそ

LINEで送る

女性の髪を彩る和装小物。その筆頭と言えば、やはり櫛ではないでしょうか。印象派の画家、ルノワールの絵画の女性も櫛で髪を梳かしているように、洋の東西を問わず、美しく長い髪に櫛をあてる女性の姿は、どこか物憂げで蠱惑的。その有り様は、今日まで男性の心を揺さぶってきたのです。

余談ですが、私の場合、そんなに長くなくても、たとえばセミロングくらいの長さでも、女性が髪を梳かしているのを見ると、「抱きしめていいですか?」と言いたくなります。「いいわけねぇだろ!」とのお返事は了承済み。はい、余談でした。

さて、以前の記事で「黄楊(つげ)は高級品」と書きましたが、櫛にも黄楊の櫛があります。大阪の辻忠商店が作るつげ櫛は、コスメ業界、和装業界では、ちょっと有名なシロモノ。厚み、歯の梳かし具合などが絶妙で、男女を問わず、根強いファンが多いのだとか。



女性には彫花櫛(花を彫ってあしらってある櫛)が大変好評だそうです。つげ櫛は一生モノと言いますから、生涯、花のように可憐に生きたいと願う女心ゆえでしょうか。無駄な抵抗ですね。辻忠商店の彫花櫛は、全部で7種類あります。梅、桜、牡丹、椿、薔薇、菊、そして蔦です。季節に応じて使い分けるのも、楽しそうですね。

黄楊は「木の宝石」と称されるほど、密度が高く、しっかりしています。油分もあり、また、静電気が発生して髪をいためるなどもありませんから、頭髪に悩んでおられる方にこそ、選ばれる櫛だと思います。持った感触、やわらかく地肌にあたる感触などは、ちょっとそのへんの櫛のそれではありません。



ところで、日本語に特有のジンクスだと思いますが、櫛はそのまま「苦死」にあてはまるため、贈り物として選んだり、他人と貸し借りをしたりするなどは、なるべく避けるようにするそうです。仏滅に結婚式を挙げても幸せな夫婦生活を営むカップルもいますから、気の持ちようと言えばそれまでかも知れません。しかしプレゼント候補などにはご用心を、と付け加えておきます。


つげ櫛工房【辻忠商店】




 

mashuの絹風呂敷
日本人なら、お茶漬け風呂敷やろがぁ!