日本語 | English

■ 8月31日~9月29日にかけて、「2016年のポップス」を(今頃)取り扱います







Atom_feed
ゴンチャロフの「キティ・チョコレート」
ロマノフ王朝から受け継がれる味と魂を、お手頃に

LINEで送る

いったい、社会主義などというものは今や国際的にその危険性を認知されるにいたったものの、ホンの100年前までは「進歩」を切望する人々にとってある種の楽園たりえるものだった。そう、史上初の社会主義国家樹立に結びついたロシア革命(1917)から、まだ100年も経っていないのである。


さて、当時すべての民衆が社会主義を望みロシア革命を歓迎したかといえば、当然そうではない。ロシア革命の折に日本に亡命したロシア人もいる。神戸のゴンチャロフ製菓の創業者=マカール・ゴンチャロフもその1人であった。

日本で初めてウイスキーボンボンを作ったことでも知られるマカール・ゴンチャロフではあるが、その生涯は未だ霧に閉ざされているがごとく謎であり、生まれた年も亡くなった年も定かではない。日本を離れて、中国へ渡ったともオーストラリアへ渡ったとも云われている。ただ、1923年に個人経営という形で神戸市に現在のゴンチャロフ製菓を立ち上げた、ということだけは確かなようだ。

ロマノフ王朝の宮廷菓子職人を務めていたとも伝えられる(※)マカール・ゴンチャロフ。彼の腕と魂を受け継ぐゴンチャロフ製菓は、今も神戸を拠点にクッキーやパミエなど色々な洋菓子を展開しており、いずれも絶品といえる味を賞味させてくれる。


しかしマカールが1923年に元々作り始めたのはチョコレートであったという。やはり、ゴンチャロフのお菓子を求めるならばチョコレートは欠かせない。

ゴンチャロフが作り出すチョコレートの中で特別オススメなのが「キティ・チョコレート」。味はスイート(ビター)とミルクがあるのでお好みに合わせてお試しいただきたい。おやつに丁度良い大きさ、甘過ぎない上品かつ普遍的な味、ついつい夢中にさせられてしまうことは間違いないだろう。






※・・・プレジデント社『洋菓子の経営学 「神戸スウィーツ」に学ぶ地場産業育成の戦略』(森元伸枝・著)より


会社情報

・社名:ゴンチャロフ製菓株式会社
・創業:1923年
・従業員数:285人(2012年度)
・本社所在地:神戸市灘区船寺通4丁目2番8号
・工場所在地:神戸市東灘区御影塚町







 

ジャイアントコーン
改良と試行錯誤を重ねた、大阪からの絶品アイスクリーム

うまい棒
日本の駄菓子代表格、出てこいや!