日本語 | English

■ 4月30日~6月29日にかけて、「日本のジャズ」を取り扱います







Atom_feed
ポンジュース
愛媛が誇る、温州みかんのみかんジュース

LINEで送る

前回は、業務用ではありますが、オレンジジュースを取り上げました。しかし、日本で柑橘系の果物といえば、なんと言ってもみかんです。オレンジもそれなりに需要はありましょうが、やはりみかんです。冬支度をし、コタツを引っ張り出して、そこで日本人が食べるべきは、やはりオレンジではなくみかんでしょう。

ポンジュース
容量:1リットル
原材料:みかん、オレンジ、香料
税込価格:オープン
オレンジもみかんも、元々はインドの柑橘系果物を起源としているみたいです。それが中国大陸を伝って、日本に伝わったのがみかん。かたや西に向かって、スペインなどヨーロッパ諸国に伝わり、やがてはアメリカまで伝わったのがオレンジになったということですが、そういうことならば、オレンジは日本という気候・風土・文化を考えた場合、みかんに比べると似つかわしくないと言えるかもしれません。

では、日本人はオレンジジュースよりもみかんジュースを飲むべきなんじゃないのか? そういったアンチテーゼから・・・という訳ではありませんが、今回はみかんの名産地のひとつ・愛媛県が誇るみかんジュースを紹介しましょう。『ポンジュース』です。

ポンジュースは戦後、1952年にその原型が販売され、1969年に現在のように果汁100%という仕様に変更されました。ちなみにこの一風変わった「ポン」という名前は、当時の愛媛県知事が「日本一(ニッポンイチ)になるように」との願いを込めて命名したものだそうで、その意志を現在に至るまで脈々と受け継いでいるとのことです。

なお、日本の有名な都市伝説に、「愛媛ではオレンジ色の蛇口をひねるとポンジュースが出る」という話がありますが、これは当然ながら与太話です。もっとも、この与太話を逆手にとって、愛媛の松山空港の2階には、ポンジュースが無料で出る蛇口が設置されましたが(毎月第3日曜のみの設置)。

味は、昔の純・みかんジュースからオレンジジュースに近いものになっていますので、酸味と甘みが良い具合にマッチしていて、老若男女共に飲みやすいものになっています。昔のは今よりも酸っぱくて、その味もそれはそれで今となっては、懐かしくもありますけどね。



株式会社えひめ飲料 (2003年設立)
 住所:愛媛県松山市安城寺町478番地
 ホームページ:えひめ飲料公式サイト








 

濃縮還元100%業務用オレンジジュース
ホテルのジュースを、1Lサイズでご家庭に

富良野にんじん100
砂糖も着色料もない、人参本来の旨みを食卓に