日本語 | English

■ 2月28日~3月30日にかけて、「日本の伝記」を取り扱います







Atom_feed
島根県の名物カレー
「島じゃ常識さざえカレー」

LINEで送る

土地(ところ)変われば品も変わる。日本の各地で、その各地ならではの郷土風味を活かした料理があることは誰もが知るところ。

山陰地方では隠岐国(おきのくに)とも呼ばれる、島根県の隠岐諸島。そこの名物「島じゃ常識さざえカレー」というレトルト・カレーを今回紹介したい。

「島じゃ常識さざえカレー」
200g
ゆでサザエやサザエ飯など、島根県ではサザエを使った料理が多く見られるが、カレーにするのはどうなの?とおもわれる方も多いだろう。

もともと隠岐諸島は、離島であるがゆえに物流の便が悪く、肉が手に入りにくかった。そこで、代わりによく採れるサザエを用いたのがさざえカレーの始まりとされる。一般家庭はおろかレストランでも給されるほど、隠岐諸島ではメジャーなカレーだ。

とはいえ、本州のほとんどの人間には珍しい一品であるのは確か。21種類のスパイスを使ったこの独特なカレーが、海にこだわりを持った地域の名産品としてJA隠岐どうぜんより売り出されたのは1999年。以来、隠岐諸島の名物カレーとして内外の人に愛され続けている。

サザエの肝を用いたササエバター仕上げと漂う磯の香りが、何とも贅沢なコクと味わいを実現している。ただし、島以外の人へのPR向けに作られたため、実際の地元の味とは多少テイストが違うらしい。そもそも地元ではサザエの肝はそんなに使わないという。

一度こちらを試して頂いて、次に実際の隠岐諸島のさざえカレーを食し、その違いを楽しむのも一興かもしれない。






 

熊出没注意ラーメン
パッケージからは想像のつかない絶品ラーメン

『本日のスープカレーのスープ』
大泉洋プロデュースのスープカレー用スープ