日本語 | English

■ 4月30日~6月29日にかけて、「日本のジャズ」を取り扱います







Atom_feed
知床深海の水
硬度1000! 確かなミネラルを知床の沖から

LINEで送る

『知床深海の水』

Ca: 84.8 mg  K: - mg
Mg: 440 mg  Na: 43.2 mg
pH: 7 - 8
殺菌方法: 熱殺菌、フィルタ濾過
価格: 税抜4,800円(1500 ml × 24)
日本人の多くが水道水や日本製ミネラル・ウォーターなどで飲み慣れているのは、軟水と云われています。つまり硬水(硬度301以上の水)などに比べてミネラルを多く含まない水なわけで、飲みやすいのは結構なのですが、それではミネラルを補給するという目的には適していません。

といって、ミネラルを多く含んだ硬水となると、「ペリエ」(フランス)や「ボルセック」(ルーマニア)などの海外からの輸入商品にどうしても分があります。

そこでミネラル補給のためにと提示するのが、北海道からの海洋深層水「知床深海の水」です。海洋深層水とは深度200メートル以上の深海から採水する水のコトです。農水省のガイドラインにある「特定水源より採水した地下水」ではないため、厳密には日本ではミネラル・ウォーターに該当しないのですが、細かいことは言いっこなしなのか、ミネラル・ウォーターとして一般市場では取り扱われています。

知床半島と言えば、世界自然遺産に登録されたことで有名ですが、そこの沖合、水深数キロから吹き上げる海洋深層水の塩分を、特殊なフィルタで除去。沢山のミネラルをその水の中に残し、その硬度は実に1000。軟水に慣れ親しんでいる日本人のことですから、飲みにくいと感じる方も中にはいらっしゃるかも知れません。

海洋深層水は、太陽の光が届く表層の水とは異なり、光が届かないため低温のままで維持されています。また深海の想像を絶する高圧下にあるため、人類による化学汚染などが及んでいない、清浄(正常)な水であると云われています。


会社情報

・社名: 有限会社らうす海洋深層水
・住所: 〒086-1843 北海道目梨郡羅臼町春日町61番地1
・電話: 0153-88-547
・設立: 平成11年11月11日
・代表者: 湊屋稔、宮腰實





 

あわ心水
福島から、日本では珍しい天然の炭酸水を

財宝
鹿児島から届けられる、高純度の天然アルカリ水