日本語 | English

■ 2月28日~3月30日にかけて、「日本の伝記」を取り扱います







Atom_feed
UCCミルクコーヒー
日本初、いや、世界初の缶コーヒーを120円で

LINEで送る

それは春・夏・秋・冬など季節を問わずに、そうなのである。日本の自動販売機に並べられた商品ラインナップを見ると、いつでも、缶コーヒーが多く陳列されているのである。ホットかアイスかの違いはあれども、万年そういった感じなのである。

それは取りもなおさず、老若男女を問わずに、日本人の間にそれだけ缶コーヒーが浸透しているといえるだろう。紅茶党には酷な話であるが、つまりはそういうことなのである。

では、今や日本を席巻したと言っても過言ではない缶コーヒーを、日本で最初に発表したのはどこなのだろうか。それは、神戸に拠点を置くUCC上島珈琲の『UCCミルクコーヒー』なのである。なんと缶コーヒーを展開したのは、同社が日本初どころか世界で初めてという。


『UCC ミルクコーヒー』

内容量:250ml
原材料:砂糖、脱脂粉乳、
コーヒー、全粉乳、
乳糖、乳化剤
価格:120円






「グッド・コーヒー・スマイル」を標語に掲げるUCC創業者・上島忠雄は、大のコーヒー党だった。ある日、駅で瓶入りのコーヒーをいつものように彼は飲んでいた。そこへ出発のベルが無情に響き、彼は飲み残しのコーヒーを置いて立ち去らねばならなかった。当時、瓶は店に返却する決まりだったのだ。彼はつらかった。そして、何処へでも持ち運べるコーヒーはないものかと思案し、1969年に世界初の缶コーヒーが開発されたのである。

ちなみにUCCという馴染みの単語は「ウエシマ・コーヒー・カンパニー」の略だそう。近年では、缶コーヒーの先駆者的存在ではあるものの、自販機事業からはほとんど撤退している。もっとも、沖縄では依然としてUCCの自販機が多く設置されているが。

日本人に深く浸透している缶コーヒー。そのパイオニアである『UCCミルクコーヒー』。これを飲まずして、日本人とは言えないのではないだろうか。大袈裟か?








 

キューサイのはちみつ青汁
飲みやすくなった「マズイ!もういっぱい」

『巻機円水(まきはたえんすい)』
質もデザインも抜かりなしの、新潟・巻機山の水