日本語 | English

■ 7月31日~8月30日にかけて、「九州の調味料」を取り扱います







Atom_feed
うまい棒
日本の駄菓子代表格、出てこいや!

LINEで送る

「ナウい」や「インベーダー」などが流行語としてもてはやされた1979年、日本を代表するといっても過言ではないプライオリティを誇る駄菓子が店頭に姿をあらわしました。その名は「うまい棒」。

販売数は1日約140万本、年間ではなんと約4億本以上という日本国内では知らない人は先ずいないという、駄菓子の日本代表ともいえるスティック菓子です。

販売しているのは東京都墨田区に設立されている株式会社やおきん(錦糸公園から北方面へしばらく行ってみてください。緑色のビルがすごく目立っていますから)ですが、やおきんは任天堂や伊藤園などと同じいわゆるファブレス企業(工場を持たない企業)。生産はリスカ株式会社が、茨城県内に4つ存在する工場を拠点におこなっています。

1979年発売当初はソース、カレー、サラミ味の3種類が展開されていましたが、現在はタコヤキ味、コーンポタージュ味、シュガーラスク味など約20種類(地域限定品を除く)が展開中。余談ですが、カレー味は1980年で生産終了、時を経て2000年ごろからはチキンカレー味が販売されています。


価格は世界情勢に関係なく10円だそうです。ために、経済情勢によって多少「うまい棒」は大きくなったり小さくなったりしている、とのこと。「うまい棒」の大きさや太さから世相がうかがい知れるのも、面白いですね。

ちなみにパッケージに描かれているキャラクターは、9月13日生まれ乙女座、A型、趣味はコスプレと、名前以外の詳細は決まっているという何とも珍奇なキャラクター。そんなユニークなキャラクターをたずさえ、この駄菓子はスーパーマーケットやコンビニの菓子コーナーの片隅で、今日も皆さんを密やかに待っています。


会社情報

・社名:株式会社やおきん
・創設:1981年
・従業員数:57人
・本社所在地:東京都墨田区横川
・工場所在地:ファブレス企業の為、なし。生産はリスカ株式会社による。





 

ゴンチャロフの「キティ・チョコレート」
ロマノフ王朝から受け継がれる味と魂を、お手頃に

ベビースターラーメン
準・おかずにも成り得る、ロングセラー駄菓子