日本語 | English

■ 4月30日~6月29日にかけて、「日本のジャズ」を取り扱います







Atom_feed
エースコックのワンタンメン
大阪府吹田市がほこる名物袋ラーメン

LINEで送る

人間が口に入れる食べ物。そこでもっとも重要なことは、なんといっても安全であることと美味しいものであること、といって差し支えはないでしょう。食文化の発展とは、この2点を追求して成されるわけでありますから。


おなじみのマスコット


そしてそこには、敏腕料理人の存在が欠かせません。料理・調理に長けているということは、芸が出来ることなどと同様、すぐれた才能の1つであるわけです。

さて、料理の手間の省略が最大の売りでもある即席食品のメーカーでありながら、「我々はすぐれた料理人である」というプライドを社名に掲げた会社が大阪府吹田市に存在します。それが国内即席めん業界で1割のシェア(※)を誇るエースコックです。

エースコックのワンタンメン
(好評発売中)



同社の代名詞ともいえる『エースコックのワンタンメン』。日本におけるワンタンメンは、ラーメンの1種類として考えられていますが、麺類の中では比較的マイナーな存在といえます。ラーメン屋さんに入店して「ワンタン麺、大盛り、麺カタで」なんて注文も、あまり聞きません。そのお店がワンタンメンを売りにしているという場合は別ですが。

そんなマイナーなワンタンメンを、メジャーたらしめているのが、この商品。1963年の発売以来、独特の松茸フレーヴァーが効いたスープと、手延べそうめんの職人が開発したというワンタンが好評を博し、現在までロングセラーとなっています。

ちなみに同じ1963年、同社のカンバン娘的存在として愛されているコックのコスプレをした仔豚をモチーフに「こぶたの歌」が作られ、同社のワンタンメン同様、今日に至るまで長年親しまれています。




※・・・朝日新聞調べ




 

会まで作ってしまうほどなんですか!?
室蘭カレーラーメン