日本語 | English

■ 9月30日~10月30日にかけて、「日本のアイス」をフィーチャーします







Atom_feed
北海道限定品の雄
やきそば弁当

LINEで送る

北海道限定「焼きそば弁当」
中華麺を使っているからか、焼きそばを中華料理か中国起源の料理と思っている人もいるみたいだが、れっきとした日本の料理である。そんな一部の人々の思い込みを逆手に取っているのか、いないのか、今回紹介する「やきそば弁当」は焼きそばに中華スープが付属しているというシロモノである。

「やきそば弁当」と銘打ってはいるが、いわゆるコンビニや弁当屋で売られている弁当の類ではない。インスタント食品・即席麺の部類のものである。よくカップ・ラーメンの調理法と間違えて、具やソースを、お湯を注ぐ前に入れてしまい台無しになったという経験談を聞くシリーズだ。一番日本でポピュラーなのは、日清食品の「日清焼そばUFO」だろうか。一時はマイケル富岡扮するUFO仮面ヤキソバンなるキャラクターも生まれ、子供らに人気を博していた記憶がある。

話が逸れたので戻すと、「やきそば弁当」はマルちゃんシリーズを展開する東洋水産のオリジナルである。元々東洋水産は、その名の示すように魚など海産物の加工などで北海道のそこかしこに流通網を確立していたということもあり、当商品のシェアも北海道に早くから確立された。

肝要なのはその味だが、しつこくなく、優しい味わいがある。そして他のカップ焼きそばでは最終的にお湯は捨てられる運命にあるが、「やきそば弁当」はその捨てられるはずのお湯で中華スープが作れるのである。そしてこのインタント・中華スープが侮れず、美味い。

北海道限定品ではあるが、内地でも北海道フェア等のイベントでたまに売られているので、機会とお湯があれば一度試して頂きたい。










 

会まで作ってしまうほどなんですか!?
室蘭カレーラーメン

手軽に沖縄そばらしいそばを楽しめる即席そば
「盛付ソーキそば」サン食品