日本語 | English

■ 9月30日~10月30日にかけて、「日本のアイス」をフィーチャーします







Atom_feed
大豆を使わないおみそ調味料
味噌(大豆)アレルギーの方でも、OKな味噌

LINEで送る

今回はあまり字数をかせげそうにないのですが、読んで字のごとく、そのものズバリです。大豆アレルギーの方向けの米味噌、「大豆を使わないおみそ調味料」はいかが、ということです。



大豆を使わないおみそ調味料

内容量: 600 g
希望小売価格: 税込648円
原材料: 米、食塩
賞味期限: 常温6ヶ月


「いや、言いたいことは第一段落で分かった。でもそれがどういう味噌で、どういう味なのか、ちゃんと説明してほしい。それでもプロか。お前には情熱がないのか?」と云われそうなので、もう少し補足いたします。

まず大豆アレルギーですが、お子さんや配偶者の方が大豆アレルギーとされても、安易な対応は禁物です。皮膚テストなどでは正確には判別しかねるため、確定診断には食物負荷試験が必要なのです。また、豆乳でアレルギー症状が出ても豆腐は食べられる例があるように、大豆アレルゲンは多種あります。面倒なようですが、ちゃんとした確認作業が第一です。

それでも味噌、というか味噌に使われる大豆がNGだと言う人でも、甘口味噌が味わえる。新潟の山崎醸造が2012年に開発した「大豆を使わないおみそ調味料」は、そのための米味噌なのです。

では、味噌の要ともいえる大豆を使わずして、どうやって米味噌として成立させたのか。新潟と聞いてピンときた方もおられましょうが、米どころ新潟です。玄米です。精米の際に削ってしまう外側の部分は、うまみの素となるタンパク質を実に多く含むそうです。大豆の代わりに玄米を代用した、ということです。

大豆アレルギーの人が味噌汁を飲める、というのだけではもちろんありません。たとえば、肉や魚を漬け込むのに用いても、味噌と同様にくさみを消したり、やわらかくしたりする作用があるとのことです。

米が主成分ですから、一般的な味噌に比べて、実に3倍以上の糖質を含みます。つまり甘口も甘口、ということです。いないとは思いますが、非アレルギーの方でお試しになる方は、そのあたりを留意する必要があります。


会社情報

・社名:山崎醸造株式会社
・創業:1940年
・従業員数:約32人
・本社所在地:〒947-0004 新潟県小千谷市東栄3-7-4
・工場所在地:同上





 

武田味噌の特選銘醸
信州・武田の味噌の真骨頂を味わう

三浦醸造所のねさし味噌
食の安全と昔ながらの味を伝える、徳島名物の豆味噌