日本語 | English

■ 4月30日~6月29日にかけて、「日本のジャズ」を取り扱います







Atom_feed
「ハンモックピロー」
首周辺には良いかも知れないが・・・

LINEで送る

とある女性発明家(日本人)が考案した、首や肩こりに良いという画期的なマクラ、それが「ハンモックピロー」です。図のように、ハンモックに首から上を掛ける。ただそれだけで、ハンモックが首や肩こりなどの問題を解消し、数分で美しい姿勢をゲットできるのだとか。




「ハンモックピロー」

本体サイズ:幅420 × 奥行245 × 高さ315 mm
質量: 約2.8 ㎏
素材: (フレーム)パイン集成材
(ピローシート)綿100%
(ひも)アクリル100%


しみじみと思いましたね。「木を見て森を見ず」ってのは、こういうことを言うのか、と。もちろん、ホメ言葉ではありません。

何が問題なのか、ひとつずつ挙げていきましょう。「数分で」と説明にあるってことは、要するに仮眠だとか、ちょっとした休憩の時に使ってください、ということでしょう。でもね、テレワークだなんだと言われていますが、実際に働いている人の多くは勤務地へと足を運び、そこで休憩をとるケースが大半だと思います。職場にこんな大がかりなモン、持って行けますか? まさか職場に用意させろとは言わないですよね?

百歩ゆずって、自宅で作業をされている方や専業主婦(夫)、退職した人たちが使うモノだとしましょう。それでも休憩をとる時って、前段階として家事など、何らかの作業をしているわけで、ユーザーは疲れているわけです。

疲れている状態で、勢いよく頭をもたれさせたら、運が悪ければ、木材部分に頭をぶつけてしまいます。そうでなくとも、ヒモ部分に髪が絡んだりする恐れもあります。疲れているユーザーが、数分寝るのに、こんなにも遠慮しなきゃいけないマクラを使いたがるでしょうか?






もっと根本的なことを言います。首や肩周辺に問題を抱えている人って、姿勢そのものが悪い場合がほとんどでしょう。この「ハンモックピロー」は寝返りのひとつも打てません。このマクラに首や肩周辺への効能があったとしても、背中や腰には効かず、かえって背中や腰を痛める遠因にもなりかねないのです。事実、このマクラを使おうと思ったら、ある程度、下が硬質で平らな状態でないといけません。

人体とは総合芸術です。どこか一部分だけ人為的に良くしようと思えば、必ず別の部位に思いがけない悪影響が出るのです。これはエントロピーの問題とも言えます。だから「木を見て森を見ず」と非難しました。


ハンモックピロー | エムアイストーリー





 

匠工芸の家具
かつてのブランド力はあるか?

カリモク60
愛知が誇る、良質な西洋風家具ブランド