日本語 | English

■ 3月31日~4月29日にかけて、「日本のお菓子」を取り扱います







Atom_feed
土佐和紙壁紙
「紙作りの国」の和紙を使った壁紙で、健康的な家作りを

LINEで送る

「土佐和紙壁紙」を使って施工された和室


近年、先進諸国でシックハウス症候群の問題が深刻化しています。建材や家具製造の際に使われるホルムアルデヒドなどの有機溶剤が、人体に有害な作用を及ぼすもので、日本では1990年代より対策が検討されていますが、新建材などは使われた事例が数え切れないほどありますし、必ずしも原因が溶剤や防腐剤のみにあるとも言えないため、未だ我々はその脅威に晒され続けています。

とはいえ、考えられる原因は可能な限り取り除かれてしかるべき。という訳で、人体に、つまりは自然に優しい素材を用いた壁紙を使いませんか、と提案する会社があります。香川県の有限会社ハウスシステムは、高知県に伝わる土佐和紙を壁紙として施工しています。

日本に紙が根付いてからというもの、土佐(現在の高知県)は「紙作りの国」として、その第一線をキープしてきました。和紙の原料は主に楮(こうぞ)、三椏(みつまた)、雁皮(がんぴ)という植物ですが、このうち楮と三椏の2つは高知が今も生産量トップだそうです。

身近な例で言うと、皆さん大好き日本の紙幣。あれらは明治時代以降、三椏を用いた和紙が一貫して使われているのです。あるVIPが胸を狙撃された際、一万円札がギッシリ詰まった財布を胸にしまっていたため、死を免れたという例もあるくらいですから、和紙の堅牢ぶりは証明済みと言えましょう。


土佐和紙壁紙の特徴といえば、古来の日本建築に顕著であった湿度・温度を適度なものにしてくれる空調性、紫外線対策などにもバッチリな光調性など色々長所がありますが、なんといっても室内汚染がないということでしょう。家というのはそこに住む人のためのモノですから、健康面や環境面でそこに住む人を守るものでなくてはなりませんからね。

通常のクロス同様の施工で貼り付けられますし、和紙の場合は重ね貼りができるということで、リフォームの時にも簡便です。




会社情報

・社名:有限会社ハウスシステム
・設立:1998年
・本社所在地:〒761-0323 香川県高松市亀田町253-14
・電話番号:087-847-7242
・ホームページ:土佐和紙壁紙+α







 

日本一怖いトイレットペーパー
「リング」原作者とコラボした、恐怖のトイレットペーパー

京都・内藤商店
昔ながらの箒やタワシを商って、もうすぐ200年!