日本語 | English

■ 3月31日~4月29日にかけて、「日本のお菓子」を取り扱います







Atom_feed
ワンピース・フィルム『ストロング・ワールド』
もっとも『ワンピース』の精神が投影された東映映画

LINEで送る

もはや子供のみならず、大人までもがその世界観の虜になってしまう、日本を代表する海洋アドベンチャー・アニメーションといえば、『ワンピース』ということに異論を挟む余地はないだろう。

単純な友情を交えたアクション娯楽作品にとどまらず、戦争や宗教問題などの社会風刺をトッピングしながら展開されるその物語は、文化としての基本精神を忘れておらず、多くの民衆の興奮を誘発するものとして、今も有機的に進化し続けている。

劇場用アニメとしては2000年からほぼ毎年新作が公開されており、そのどれもが根強い人気を誇るため、優劣などを求めるランキングは作りづらい。その事を踏まえつつも、以下によってある程度の優先順位はつけられよう。

それは
1. 原作者の意図が色濃く反映されている。
2. 興行収入が上位である。
3. 子供のみならず、成人からのレビューも高い。
の三つによって、である。

この要素を満たす、ひとつマストな劇場作品を挙げるならば、それは2009年公開の、劇場版10作品目たる「ワンピース・フィルム『ストロング・ワールド』」ではないだろうか。

まず、原作者である尾田栄一郎氏が、初めて製作総指揮を務めており、随所に原作のテイストを活かした仕上がりになっている。それを証明するエピソードとしてこんな話がある。尾田氏が当初のシナリオを全否定し、一から話を練り上げたため、当初3月公開予定だったのが12月公開へと延長したというのだ(ワンピース巻五十六より)。このことから、オリジナルとしての妥協を許さない姿勢をこの映画は指し示し、アニメーションと漫画は限りなく近しいものとなったのだ。


興行収入は最終的に48億円をマーク。これは過去9作の劇場作品と比較しても断トツの1位であり、主人公・ルフィの故郷に端を発する物語は、成人視聴者からの評判も上々。それを裏付けるかのように、2010年12月18日にTV放送された際には、21時以降の放送にもかかわらず、同日同時間帯の全番組中の最高視聴率である16.7%を記録。また、DVDなどのソフト発売決定の折には、予約段階で10万セット以上の予約申込があった。

優れた記録を持つからといって、優れた作品というわけではない。さりとて、駄作では記録は作れないのもまた事実。上述したように、『ワンピース』の精神を忠実に再現し、興行的にも成功をおさめた作品であることから、『ワンピース』を語る上で、今なお必要不可欠な映画作品であることは確かである。


作品情報

・製作総指揮: 尾田栄一郎
・配給: 東映
・公開: 2009年12月12日







 

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』
過去を打ち破る意志に満ちた、背水の陣の名作

『名探偵コナン 時計じかけの摩天楼』
『名探偵コナン』を観るなら、この作品は外せない!