日本語 | English

■ 3月31日~4月29日にかけて、「日本のお菓子」を取り扱います







Atom_feed
『DELICIOUS』
JUJUによるファースト・ジャズ・アルバム

LINEで送る

今や日本のポップミュージック界を代表する歌姫の一人としての地位を築いたJUJU。しかし、元々彼女はロー・ティーンのころから、ジャズ・シンガーになりたかったのだとか。そんな彼女が2011年11月30日、満を持して発表したジャズ・カヴァー・アルバムが本作『DELICIOUS』である。

「DELICIOUS」 JUJU
2011年11月30日 発売
Sony Music Associated Records

1. A Woman Needs Jazz
2. You'd Be So Nice To Come Home To
3. Night And Day
4. Candy
5. Cry Me A River
6. Girl Talk
7. Lullaby Of Birdland
8. Moody's Mood
9. Quizas, Quizas, Quizas
10. Calling You
11. Ev'ry Time We Say Goodbye
12. Lush Life
13. みずいろの影

満を持して、と書いたのは、先述のように彼女が自身のジャズ・シンギングの欲求の実現を待ちわびていたからである。世の中、誰も彼もがやりたいようにやれれば苦労は無い。しかし今までは様々な歌手活動に際しての制約が付きまとっていたのだろう。ヴォーカルの円熟度も、年齢によって変わってくる。そして機は熟した、といわんばかりに彼女は2011年、自身初のジャズ・アルバムの制作に取り掛かった。

そんな彼女のジャズ・アルバム作成を支えたのが、過去の彼女の作品でも幾度かクレジットされて来た松尾潔だ。ブラック・ミュージック研究家として、また、ポップ・ミュージックの世界では宇多田ヒカルや平井堅の初期ブレーンとしても有名な彼は、今作ではプロデュースとオリジナル2曲の作詞に携わり、作品を文字通り「DELICIOUS」なものにしている。

一般に、ポップスに属する歌手がジャズ・ナンバーを出すのはよくあること。そしてその度に、ポップスを軽視しがちなジャズの愛聴者たちから酷評される、というのもままあること。しかし、下手に偏った先入観をもって排するには非常に惜しいアルバムであろう。

今作はプロデューサーに松尾を迎え、その他にも様々な敏腕プレーヤーたちが楽曲作成に際して力をかしている。何より、彼女自身が「今なら納得できるジャズが歌える」とジャッジをくだしたそのヴォーカル。それらが無駄なく調和し、甘いひとときを演出してくれる。

日本では美空ひばりのカヴァーでも知られる、アーサー・ハミルトンの「クライ・ミー・ア・リヴァー」。ニュー・ヨークの往年のジャズ・クラブをタイトルに冠したジョージ・シアリングの「ララバイ・オヴ・バードランド」。その他、様々なジャズ・スタンダードの名曲が並ぶ中、注目に値するのは今作の入口と出口に配された新曲2曲だろう。「ア・ウーマン・ニーズ・ジャズ」「みずいろの影」というこの2つの楽曲は、JUJUという歌手が2011年というタイミングでジャズ・アルバムを出す意義を、鮮やかに語ってくれる。

さてさて、ジャケットにはファースト・ジャズ・アルバムとプリントされている。ということは、セカンドも視野に入れているということか。ならば今作を聴きながら、今暫し、それを楽しみにしたい。




JUJU公式サイト






 

『AZURE』
ギタリスト岡安芳明初のソロ・ギター・アルバム

『ジブリ・ミーツ・ジャズ』シリーズ
立石一海トリオがカヴァーするジブリ・ソング