日本語 | English

■ 3月31日~4月29日にかけて、「日本のお菓子」を取り扱います







Atom_feed
『グイードの手』
塩谷哲による、二律背反に対するアンチテーゼ

LINEで送る

グイードの手
2006年4月19日 発売
ビクターエンタテインメント

01. イントロ
02. アコーディング・トゥ・ラ・メテオ
03. ドゥードゥル1
04. ミスター・タップマン
05. イエスタデイ
06. イブニング・ヘイズ
07. ドゥードゥル2
08. スキニー・ディッパー
09. パークサイド・ストリート
10. あざみ(薊)
11. エンハーモニー
12. 4→0→10→5
13. カーム
フュージョンというと一般には電化ジャズが発展したものと捉えられていますが、それの反対の意味を表すならばアコースティック・ジャズ、もしくはアンプラグド・ジャズと言うものでしょうか。しかし塩谷哲(しおのやさとる)の『グイードの手』(2006)を聴くと、その考えが厳密には誤りなのだと思い知らされます。

「戦争の反対は平和である」などのように、私たちは日常の中で物の本質を見失い、つい物事を誤解したまま捉えてしまいます(平和の反意語は混乱であり、戦争の反対は「交渉」です。念のため)。そんな私たちの愚考ぶりを優しくなぐさめ、そうでありながら厳しく戒めるようなアルバム。それが『グイードの手』と言えましょう。

塩谷哲が5年ぶりにソロ名義で発表した『グイードの手』。アルバム・テーマとしては「ジャズの未来形」ということですが、恐らくは共同プロデューサーである田中義人の手腕によるところが大きく、このテーマの実現には両者のつば競り合いたるプレイとブレーンが不可欠だったのでしょう。

オリジナル・ナンバーにザ・ビートルズの「イエスタデイ」のカヴァーを織り交ぜながら、塩谷のピアノが時に優しく、時にアグレッシヴに冴え渡るフュージョン・・・かと思いきや、聴いた心地はどうもそれ一辺倒ではありません。並外れた鳴りのウッド・ベースがそう思わせるのでしょうか。電化に特化した一種のクラブ系のサウンドの中で、仄かにアンプラグドの香りが漂うのです。そのアレンジメントは確かに新しく、何処か不思議に響きます。

電化された音像と同居するアコースティック。塩谷哲の『グイードの手』は、私たちが本来相反すると思い込んでいたものが、実はそうではなかったと優しく伝えてくれます。







 

『ジャズ・ワルツ』
幻想とジャズが交錯する、ジャズ・ヴァイオリンの佳作

『南米のエリザベス・テイラー』
日本の「夜の街の音楽」を体現した、菊地成孔の転換点