日本語 | English

■ 6月30日~7月30日にかけて、「日本の鞄」を取り扱います







Atom_feed
レスキューフーズ 中華丼
美味しく野菜も摂れる、水も火も不要の非常用中華丼

LINEで送る

個人的な話で恐縮なのですが、1995年、阪神大震災が起こったあの日、私は大阪にいました。といってもライフラインが数日途切れたり、家の前のアスファルトが割れたりといった程度の被害で、命にかかわるほどのものではありませんでした。


レスキューフーズ 中華丼
内容量:380g
カロリー:414kcal
価格:税込977円
打って変わって、兵庫の親族の家へ行った時の光景は惨憺たるもので、未だに目を閉じるとあの景色を思い出します。家や店がガレキの山と化し、救助活動があちこちで行なわれ、交通といえば歩くしかない。今は復興していますが、それでも、思うのです。あそこで犠牲になった人達は、あんなことで死ぬ為に生きてきたわけではないだろう、と。それは当時の私にとって、諸行無常を実感させられたことでもあったのです。「世の中、どうにもならないことがある」と身をもって教えられたような。

つまり防災の備えをしていても、駄目な時は駄目なのです。ですが、逆説的かもしれませんが、「備えがあれば助かった」ケースもまた存在するのです。

防災の備えとして何が大切か。そりゃあ、なんといっても食料でしょう。今回は「介護食・非常食といえば」の会社、ホリカフーズの非常食「レスキューフーズ」の中華丼をご紹介しましょう。

水や火がその場に無くても(非常時なのだから、そういうケースの方が多いでしょう)、同梱の発熱セットで、温かい中華丼が召し上がっていただけるというスグレモノ。常温で3年半は保存できる上にコンパクトなのでスペースも取りません。

非常時に身体を守るには、やはり食料を通じて栄養を摂ることが大切です。しかも、中華丼ゆえにニンジンやタケノコなどといった、何かと不足しがちな野菜を美味しく食べられることも嬉しい限りです。駄目な時は駄目、それは確かですが、そうならないための備えは、出来る限りしておくにこしたことはない、そう思います。


会社情報

・社名:ホリカフーズ株式会社
・設立:1955年
・住所:〒949-7492 新潟県魚沼市堀之内286番地
・TEL:025-794-2211
・ホームページ:ホリカフーズ株式会社







 

防災ガムテープ
もしもの時に「使える」ガムテープを常備せよ