日本語 | English

■ 6月30日~7月30日にかけて、「日本の鞄」を取り扱います







Atom_feed
携帯用筆ペン「きらり」
ぺんてるの、大人女子必携!の筆ペン

LINEで送る



大人になるにつれ増えるものといえば、シワの数と、物忘れの回数と、冠婚葬祭への出席の機会ではないだろうか。祝儀不祝儀に包むお金の額も馬鹿にならないが、それよりも機会として増えるのは、自分の名前を筆ペンで書くこと。字がキレイか汚いかは個人の資質と努力次第なので、この際触れないでおく。しかし、世間一般に流布している筆ペンの無骨さというか、飾り気のなさは、いささか大人、特に女性には、物足りないではないか。


携帯用筆ペン「きらり」
色: 藤色・桜色・金色
インク色: 黒
材質: ABS
価格: 税込1,050円
ぺんてるの携帯用筆ペン「きらり」は、そんな悩める(そこまでではないかも知れない)大人の女性へ向けた、一見筆ペンに見えない、スタイリッシュかつキュートな携帯用筆ペンなのである。無論、男性が携帯していても全然おかしくはないのだが、このコンパクトさと可愛いヴィジュアル、それでいて確かなクオリティは、やはり大人の女性がバッグにしのばせておくに相応しいのではないか、と考える。

カラー・ヴァリエーションは藤色・桜色・金色とあるが、男性なら藤色が無難だろう。個人的な意見になるが、男性に、桜色の筆ペンを持っていて欲しくはない。女性なら、何色を持っていても遜色はない。筆ペンを携帯しようとするほどのたしなみと品がある女性なら、いずれも似合わないはずはないだろう、きっと。

価格は税込1,050円と、筆ペンとはいえ、やや高いのではないかと感じるかもしれない。しかし、ソフトな筆のタッチ、軽く丈夫なボディ、にじみにくいインクなど、それだけの価値がある要素が盛りだくさんなのだ。

直接文字を書く機会が減った(特に成人してからは、その傾向が強くなる)現代。筆ペンは、ともすれば、出来るなら触りたくない、と言われるほど、苦手意識を持たれかねない文具となってしまった。しかし、この携帯用筆ペンは、遠い昔の習字の時間を想起させる、筆で文字を書く楽しさをもたらしてくれる。そもそも、書くことの楽しさをユーザーに届けるのが、一流のペンの条件だろう。「きらり」は、その意味でも、確かに一流の筆ペンなのだ。



会社情報

・社名: ぺんてる株式会社
・住所: 〒103-8538 東京都中央区日本橋小網町7-2
・設立: 1946年3月







 

ケズリキャップ
ペットボトルを鉛筆けずりに変えるキャップ

三菱鉛筆「ユニ」
唯一無二の高級鉛筆は、時代を超えて