日本語 | English

■ 10月31日~11月29日にかけて、「2017年のポップス」をフィーチャーします







Atom_feed
MONO消しゴム
日本の消しゴムのアヴェレージ

LINEで送る

この消しゴムは日本人なら誰もが使った、もしくは目にしたことがあるのではないでしょうか。トンボ鉛筆の「MONO消しゴム」です。


正直、この消しゴムの消し心地は、シリーズのどの商品を選択するかにもよりますが、消字力、割れにくさ共にフツウです。5段階評価なら、3でしょう。しかし、なればこそ日本独自の技術力と流通性を、この消しゴムに見ることができると考えます。

そのココロは? 皆さん、海外の消しゴムって使ったことがあるでしょうか? 使ったことがある方はご承知でしょうが、意外と当たり外れが大きいんです。中には「これ、消しゴムか? ヤスリじゃねえの?」という代物も珍しくありません。ところが、日本では、このフツウの性能を誇る「MONO消しゴム」が、どの文具店に行ってもあるという、いわばザ・スタンダードなわけです。これって凄いことなんじゃないでしょうか。

特別「なんて消しやすい」というのでも「なんてユーザーに優しい」というわけでもありません。しかし、名実ともに、間違いなく日本の消しゴムの平均点、アヴェレージは「MONO消しゴム」です。そして発売開始の1969年以来、それを体現し続けているという、それこそがこの消しゴムの真価ではないでしょうか。

4年前、人事・採用担当者の不適切な態度と発言が(マイナスな意味で)何かと話題になったトンボ鉛筆ですが、私のスタンスは、大王製紙の『エリエール』の時もそうでしたが、「企業の一部がダメだからって、そこの商品がダメというわけではない」というものです。


「MONO消しゴム ブラック」
価格: 税抜100円(PE-04AB)

消しゴムの汚れが目立たない、黒色の消しゴム。
通常のノート上で使う分には、消し心地になんら遜色はありません。




会社情報

・社名: 株式会社トンボ鉛筆
・住所: 〒114-8583 東京都北区豊島6丁目10番12号
・設立: 1913年2月







 

NEWアーム筆入
ゾウにも時の流れにも負けない筆入

ポキステーション
折ろうぜ、カッターの刃を!