日本語 | English

■ 6月30日~7月30日にかけて、「日本の鞄」を取り扱います







Atom_feed
ロイヤルオリエント懐中時計
オリエントのアイデンティティたる、機械式懐中時計

LINEで送る

日本の時計ユーザー、その多くが求めるモノは腕時計か置時計・掛け時計の類だろう。シャレていたり、精巧なモノであったり、ギミックに富んでいたり、購入の際の判断基準は個々に委ねられるが、タイプとしては、というところだ。そしてその時計の存在意義も、時計機能が組み込まれた携帯電話やタブレット端末などに脅かされているのが現状。

しかし、人が皆、一斉に一定方向に進むことはあり得ない。携帯電話が普及してもなお一切携帯端末を所持しない少数派が存在するように、コンピュータの時計ではなく携帯時計や置時計を愛好する層は、確かに存在するのだ。そして、そういった層から今また愛着の脚光を浴びているのが、懐中時計だ。


ロイヤルオリエント 懐中時計
WE0041EG
駆動方式:機械式
重量:82g
駆動時間:50時間以上
タイプ:メンズ
価格:税込115,500円
時間を確認するだけで片手が塞がってしまう懐中時計は、高効率の歯車となることを要求される現代日本には相応しくないと見る向きもある。しかし、鉄道ファンであったり、懐古シュミであったりなどの様々な理由から。また学芸員や看護師など、手首が頻繁に濡れたり汚れたりする職業への従事から、自発的に懐中時計を携帯する人は多い。

さぁ、ならばどんな日本製の懐中時計が? 社会人が携帯する場合、安っぽくなく適度に高級感があり、精巧な性能をほこり、なおかつアフターサービスもしっかりしている所が望ましい。そんな人には、オリエントが1959年より展開する高級ブランド「ロイヤルオリエント」の懐中時計を薦めたい。


多少は値が張るものの、一般的な高級腕時計よりはずっと割安(手首にハメる不動産みたいな価格のモノも、腕時計業界では決して珍しくないからだ)。素材もステンレス製のため、実用向き。メーカーの2年保証・2年後の無料点検といったサービスもあり、心丈夫に購入の検討もできる。

何より、オリエントが1950年の創業以来、自社のアイデンティティとして一心に取り組んできたという「機械式時計」。その芸術性と高性能はいかばかりか。是非ご自身で確かめて頂きたい。大人が所有し、また一家で継承する時計として、これ以上のモノはないだろうから。


会社情報

・社名: オリエント時計株式会社
・設立:1950年
・従業員数:123人(単独)
・本社所在地:〒101-0021 東京都千代田区外神田2丁目4番4号 電波ビル
・電話番号:03-3255-1451(代)
・ホームページ:オリエント時計株式会社







 

時間集計タイムレコーダー
雇用形態に合わせた時間集計は、コレ1台でOK

ウエストミンスター温度・湿度・時計
気象計の老舗メーカー・エンペックスの、こだわりの逸品