日本語 | English

■ 3月31日~4月29日にかけて、「日本のお菓子」を取り扱います







Atom_feed
藤沢商店の和傘
岐阜和傘の美を、現代に

LINEで送る








日本の傘と言えば、和傘。
和傘にもいろいろあります。
たとえば岐阜和傘。
岐阜県に伝わる、美濃和紙を用いた和傘です。

藤沢商店は、岐阜和傘を今も作り続けています。
この和傘、何万円もします。
もちろん高いのには、それなりの理由があって、
まず何と言っても骨師、張り師などが分業して一本の傘を作るため、
人件費がバカにならないのです。
藤沢商店も、社外従業員を何人も抱えるほどです。

傘を単なる、雨が降った時対策の実用品と考えるなら、
そこまでしなくても、その辺のビニール傘でいいですよね。
けれど、岐阜和傘の気品、美しさ(伝統美とも言えます)などは、
やはり手間を惜しまずにこそ作られるのです。
その「妥協しない精神」こそ、「日本」の真髄かもしれません。


岐阜マルト藤沢商店






 

十六夜
和のビニール傘を、貴女へ

高松和傘
It's Dying It's not Dying