日本語 | English

■ 3月31日~4月29日にかけて、「日本のお菓子」を取り扱います







Atom_feed
グリーンマックスの模型
レイアウト作りに重宝する模型達

LINEで送る

模型好きなら誰もがハマってしまうのが、自分の模型たちで小さな世界を作れてしまう情景模型、通称・ジオラマだろう。自分の手で天地創造が出来る楽しさは、「模型は子供のもの」という概念を越え、子供のみならず大人をも夢中にさせてやまない。きっと、子供のためにと寄ったオモチャ売り場で見かけてついつい自分がハマった、なんていうお父さん方も少なくないハズだ。


Nゲージ<4240>西武6000系登場時
基本4両編成セット(M付き)
ジオラマ作りにも色々ある。戦車や兵隊の模型を用いて作る戦場ジオラマ。ロボット・プラモを用いて作るSFジオラマなどなど、個人の趣味志向に合わせて、色んな世界が作れるのだ。

さてさて、奥深いジオラマの世界の中でも、「レイアウト」というのがある。鉄道模型と情景模型を用いて、その小さな鉄道を運転する施設・設備をレイアウトと呼ぶのだが、今回はそのレイアウト関連のモノを紹介したい。


Nゲージ 4151 京阪2400系
1次車旧塗装7輛(塗装済完成品)
1975年創業のグリーンマックスは、鉄道模型の会社だが、ここの珍しいところは何といっても、少数生産ではありながらも、JRや私鉄の地方向け列車の模型を多く売り出しているところだろうか。

「創る楽しみいっぱい!」をキャッチフレーズにこれまで様々な模型・キットを繰り出してきた同社だが、最近は塗装済みのキットなどのラインナップも充実し、ビギナーにも適したカタチで、模型による天地創造のチャンスを今日も与え続けている。





グリーンマックス公式サイト
グリーンマックス ザ・ストアー・ウェブ






 

フジミ模型の自動車モデル
ツボを突く1/24のセンスと技術