日本語 | English

■ 8月31日~9月29日にかけて、「2016年のポップス」を(今頃)取り扱います







Atom_feed
ヤマハのスノーモービル
日本でスノーモービルの需要は増やせるか

LINEで送る

もう幾星霜も前の話ですが、高校の修学旅行がいわゆるスキー合宿的な内容で、雪山へ行きました。ちょうど私はその何か月か前の土曜日の午後(当時の学校は土曜日も午前中だけ授業があったのです)、ある女の子に告白をしたのですが、見事にフラれました。その女の子が同じクラスだったのでつらかった思い出があります。

その合宿の休憩中だったと思うのですが、雪山に数台のスノーモービルが停まっていて、仲間とじろじろと見渡した覚えがあります。どうせ雪の上を移動するんなら、スキーじゃなくてこういうので移動したいよなぁとか、ぶつぶつ言っていましたっけ。というわけで今回はヤマハのスノーモービルです。なぜヤマハなのか。それは国内のメーカーでは、ヤマハしか作っていないからです(ヤマハ発動機の磐田工場で作られています)。


こういうと独占企業かと突っ込まれそうですが、かつてはホンダやカワサキも作っていました。早い話、他のメーカーは撤退したのです。確かに、日本でスノーモービルなんて使うシチュエーションは限られています。沖縄で使うことは、まあないでしょう。実際、昨年のヤマハ発動機の出荷台数は2.1万台ですが、そのうちの4割以上がロシア、2割以上がカナダへの出荷分です。しかし本当に日本では需要が伸びないものでしょうか?

コスト面で言えば本体価格やそれにまつわる装備費、維持費、さらに運ぶためのトレーラーを持つことを考えれば、その購入費用や車検代もバカになりません。大半の日本人にはワリに合わず、実用的ではないのです。寒冷地での送電線の保全作業等のニーズもあるとのことですが、やはり一般層に購入者が増えなければ、国内市場の活性化は望めません。



YAMAHA「VK Professional II」
カラー: マットシルバー/定員: 2名
参考小売価格: 1,436,400円(税込)

スノーモービル自体はというと、雪山で乗る分には免許は要らず(公道を走る分にはクルマの免許が要ります)、動かし方もカンタンで、乗る楽しさもある。スノーモービルの体験講習を行なっているゲレンデも多いですから、触れる機会も十分にあります。とすると、コストをどうするかが問題です。

一般人として思うのは、本体価格と装備費以外はなるべく出費したくない、ということです。せっかくスノーモービル本体には車検が不要なのですから。とすると購入した機体をレジャー施設で保管してくれるのが一番なんですよね。その上で、そこで各自パーツを買ったりして、メンテナンスやカスタマイズが出来れば便利です。そうすればユーザーは行動範囲が限られはしますが、頭の痛い余計な出費はしなくて済むし、レジャー施設も固定客の確保が見込めます。


私? 私はたぶんスノーモービルなんか乗ったら、温泉の女湯をのぞく絶好のスポットを探すのに駆りますので、多分社会的にNGですね(そんなんだからフラれるんだ、オメーは、という突っ込みは禁止)。



※写真提供: ヤマハ発動機株式会社(商品写真、工場空撮写真)


お問い合わせ先

・社名: ヤマハ発動機株式会社
・住所: 〒438-8501 静岡県磐田市新貝2500
・電話: 0538-32-1115
・ホームページ: ヤマハ発動機







 

モリタの消防車
良い消防車を造る、その熱意の炎は消えぬまま