日本語 | English

■ 9月30日から10月30日にかけて、郷土料理をフィーチャーします







Atom_feed
広島焼き
広島県内では「お好み焼き」と言いましょう

LINEで送る

広島焼き。なんだそれは。広島で起こった焼き討ち事件のことか。もちろん、違う。広島のお好み焼きのことを「広島焼き」というのである。

私事になるが、うちの父は広島で産湯に浸かり、その後大阪で育った。大阪もお好み焼きが名物の町である。それで、大阪でわかりやすく区別するために、うちでは広島のお好み焼きのことを「広島焼き」と言うのかな、とも思った。しかしどうやら「広島焼き」はそういったローカルな呼称ではなく、全国的に通用するようである。

ただし、広島で「広島焼き」という呼称はタブーらしい。広島県内でその名を口にすると、血を見ることになるかも知れないという。北海道で田中義剛の名を口にするようなものか。俚諺りげんいわく、郷に入らば郷に従え。ただ、私個人は「広島焼き」の名称に親しんで育ってきたわけで、それを無理に世間的公正さだとかポリティカル・コレクトネスに合わせるのは、いささかスジが違う気がする。個人の署名入りで書かれる記事とは、本来的にそういう個人的な偏向やテイストを含んでいるものではないかと。それゆえ、ここでは「広島焼き」とさせて頂く。広島県の皆さん、宜しくご了承ください。



広島風お好み焼き
File: 広島風お好み焼き.jpg
from the Japanese Wikipedia
(撮影:2011年6月8日)

広島焼きは、他地域のお好み焼きとどう違うのか。まず具材が違う。ヴィジュアル的に一番わかりやすいのは、中華そばであろう。もちろん、店の方針等により、そばのない広島焼きを出す店もなくはないと思う。しかしだいたいにおいて、中華そばが具として入っている。あとはもやし。これらは広島焼きならではの具である。少なくとも大阪のお好み焼きにはない(モダン焼きにはそばが入っているが)。

また、作り方も大阪のそれとは大きく異なる。大阪では往々にして、生地と具材(エビやら肉やらキャベツやら)を混ぜてから焼く。しかし広島では、その手法は採られない。

鉄板を挟んだカウンター式のお店で広島焼きを食べる。料理人は、熱くなった鉄板に油を敷き、その上で生地を焼く。じゅううぅっと音がする。そこにキャベツやもやし、豚肉などの具材を重ねる。サンドイッチ状態。途中でひっくり返したり、へらでぎゅうっと上からおさえつけたりしながら、あれよあれよという間に、広島焼きの形になっていく。鮮やかに。こうした手続きを言葉に置換しようというのは、ある意味で愚弄ではないかとすら思う。



調理中の広島風お好み焼き
File: Preparation of okonomiyaki in shimo kitazawa 02.JPG
from the Japanese Wikipedia
(撮影:2012年5月29日)

割り箸をぱきっと割り、それで広島焼きを割いていく。いただきます。口の中に入れると、熱々のキャベツやもやしといった具材たちは、心なしかふっくらしている。おそらく蒸し焼きの効果であろう。それにソースの甘味(もしくは辛さ)が相俟って、ほんのひとときではあるが、幸せを感じる。目の前には、未だ熱を宿したままの鉄板があり、また、口内では出来たばかりの広島焼きがその熱さを主張する。だからして(私の場合は)傍らに水が欠かせない。

広島に行ったときには必ず広島焼きを食べる。それくらい、広島ではお好み焼き店が数多く並んでいる。広島駅構内にもお好み焼き屋があったくらいである(今はどうなのかはわからない)。誰が数えたのか知らないが、広島県内にはお好み焼き屋が1500軒以上あるということである。2015年時点で広島県の可住地面積は、ざっと2311平方キロメートル。ということは、少なくとも1.5平方キロメートルに1軒の割合でお好み焼き屋があるということである。そりゃ凄いわ。

父の話では、父が子供の頃(1950年代)に作ってもらった広島焼きには、「肉とかそばは入ってなかった」らしい。「貧乏やったからな、そんなええもんは入ってなかった。もやしとか玉子もなかった。キャベツだけや。めっちゃシンプルやってん。でもそれが美味しかったんや」。





 

ちゃんぽん
いつの間にか長崎に根付いていた郷土料理

讃岐うどん
「香川県民の魂であり伴侶」━━ホントに?