日本語 | English

■ 2021年4月に発令された緊急事態宣言と、それに伴う取材活動の大規模な制限を受け、当面の運営を休止。再開時期は(宣言解除の時期が未定である以上)未定。







Atom_feed
『STRAY SHEEP』
米津玄師の「コンテンポラリー」?

LINEで送る

米津玄師(1991-)は徳島県出身のシンガーソングライター。地元の高校を卒業後、自身のバンド活動と並行して、ヤマハの「ボーカロイド」を使って自主制作した楽曲をインターネット上に発表する、いわゆる「ボカロP」としても活動を開始。のち、2012年、自身の名義でソロ歌手としてデビューを果たした。

本作『ストレイ・シープ』は、米津が2020年8月に発表した彼の5作目にあたるスタジオ・アルバムである。スタジオ・アルバムとしては、2017年発売の『ブートレグ』より、ほぼ3年ぶりとなる。ドラマ主題歌としてヒットしたシングル「馬と鹿」や「レモン」を収録していることもあり、発売された当初から大ヒットを記録。同年10月には、売上150万枚を突破し、台湾と韓国では現地版CDの発売が決定との一報が舞い込んだ(徳島新聞2020年10月13日)。

アルバムとしてはCDのみの通常盤の他、特製キーホルダーが付いた「おまもり盤」と、96ページに及ぶブックレットと前年開催のコンサート映像を付けた「アートブック盤」の計3種類でのリリース。とはいえ、コンサート映像のディスクはDVD版とブルーレイ版がそれぞれあるため、厳密には4種類での販売となる。

で、こうなると、コアなファンは「おまもり盤」と「アートブック盤」の2種類は買わないといけない、いわゆる「複数商法」に該当することになる。そういう批判もなくはないだろう。しかしそれにしても、すっかり「CD不況」が定着したポピュラー音楽業界において、ベスト盤でもないスタジオ・アルバムが150万枚以上のセールスを叩き出すのは快挙であろうし、異例的と言っていいと思う。

含まれる楽曲は15曲。2018年から2020年にかけて制作された楽曲が並ぶ。2020年に流行したCOVID-19による、いわゆる「コロナ禍」の影響を受けて書かれた曲もあるという。なるほど、確かに「なんらかの事情で分断された人」が歌詞世界の中で描かれている、そういう曲が多いと思う。2018年に発表された「ティーンエイジ・ライオット」ですら、以下のように歌っている。

「何度だって歌ってしまうよ どこにも行けないんだと だからこそあなたに会いたいんだと 今」


「コロナ禍」とは突き詰めれば、「人と人が半強制的に分断される」であったと言えるだろう。そういう点で本作は「2020年を象徴するアルバム」足り得ると思う。しかし米津は歌詞を書くだけの作詞家ではなく、楽曲のアレンジをするアレンジャーでもある。よって、私の話は編曲つまりアレンジメントのほうに向かう。


『STRAY SHEEP』
2020年8月5日発売

SME Records

01. カムパネルラ
02. Flamingo
03. 感電
04. PLACEBO + 野田洋次郎
05. パプリカ
06. 馬と鹿
07. 優しい人
08. Lemon
09. まちがいさがし
10. ひまわり
11. 迷える羊
12. Décolleté
13. TEENAGE RIOT
14. 海の幽霊
15. カナリヤ


青い下線は執筆者推薦曲を表しています。


全作詞、作曲:米津玄師
プロデュース:米津玄師







本作で米津は、単独での編曲を極力控え、実に15曲中12曲で大阪府出身の音楽家、坂東祐大と共同名義で編曲をしている。坂東はクラシックやコンテンポラリー(現代音楽)で活躍する音楽家であるが、私は坂東の生年月日に関心を持つ。というのも、彼は1991年1月の生まれなのである。つまり、米津と同学年(米津は1991年3月生まれ)。

それで私は、やや安直かも知れないが、「もしかしたら本作は米津なりのコンテンポラリーが裏テーマなのかも知れないな」と思うのである。

と言っても、私は現代音楽にはまるで通暁していない。現代音楽といえば、「クラシックに先鋭的な風味を加えた音楽」くらいのイメージしか持っていない。なので、そのイメージだけで語るのだが、本作の楽曲には、一筋縄では行かない「なんじゃこりゃ?」なアレンジメントが目立つように思う。たとえば、「海の幽霊」のボーカルに掛けられたエフェクトとか。こういう仕掛けを施すセンスに、コンテンポラリー(現代音楽)に通じる「先鋭性」がある、と言えるかも知れない。

加えて、コンテンポラリー(という単語)には、名詞として「同時代の人」や「同期生」という意味もある。本作において、坂東が担った役割は、おそらくかなり大きい。少なくとも、米津にとってはそうだったのではないかと思う。だからこそ坂東はほとんどの楽曲で編曲を任されたのであろう。米津にとって坂東はまさに「同期生」で、それで私は「コンテンポラリーが裏テーマなのかも知れないな」と思ったわけである。



米津玄師 official site「REISSUE RECORDS」





 

『日本の夏からこんにちは』
もし2020年に「コロナ禍」がなかったら

『23歳』
素数好きのエンターテイナー、KAN