日本語 | English

■ 一時休止いたします。







Atom_feed
フキのモペッド
相当レアな「原動機付自転車」

LINEで送る

たぶんこれを書いているのが五月だからだろう、「フキのモペッド」と聞くと競走馬の名前かと思ってしまう。ご承知のように、五月末には東京の府中競馬場で東京優駿(日本ダービー)が催される。それで競走馬の名前と勘違いしてしまうのかも、と思うのである。

「フキノモペッド、下がった、下がった! ラスト二〇〇、フキノモペッドはもう来ない! 先頭、ディープラブ! その差は三馬身、開いた開いた! 独壇場! ディープラブ先頭!」

みたいなアナウンスが脳内にエコーして、競馬場のトラックの情景が浮かぶ。もちろん空想である。こういう名前の競走馬は現実にはいないと思う。しかし(くどいようだが)五月だから、こういう想像をしてしまうのであろう。仕方がない。全部五月の仕業なのである。

「だからなんなんだ?」と詰問されても困るので、本題に入ろう。横浜の有限会社フキ・プランニング製のモペッド(愛称はモペットだそうだが、正式にはモペッドというらしい)である。


FK310 DXⅢ
カラー:シルバー or ブラック
エンジン:フキプランニングオリジナル BE30(空冷2ストローク 単気筒)
希望小売価格:税込93,280円(24インチ)

「モペッド」が、そもそも何だかよく分からない。そういう人も多いはずである。私だって、最初に聞いたときは「何ですかそれ?」と思った。言ってみれば、漕ぐためのペダルがついた原チャリ、もしくはエンジンを搭載した自転車である。つまり一般的な自転車のように足で漕いでもいいし、エンジンを原動力にしたバイクとして使うもヨシ。そういうバイクである。エンジンが付いているため、扱いは原チャリと同じになる。乗る際にはヘルメットをかぶる義務があるし、歩道は走れない。免許も自賠責保険への加入も要る。

これを「自転車」と捉えた場合、たぶん多くの人は難色を示す。なにしろ面倒臭そうである。たとえば自転車なら、現状、メットをかぶるのは「努力義務」である。つまり「かぶったほうが良くないですか」程度のもので、かぶらなくても特に問題はない。しかしモペッドはヘルメットの着用義務がある。おまけに運転するのに免許だって要る。めんどくさい。そう思う人が多くいても仕方ないかなと思う。

戦後間もない頃は、モペッドに乗るのに免許は要らなかった。巷にはモータリゼーションが「さぁこれから発展するぞ」という気運があり、モペッドに乗る日本人が多くいて、当時はホンダやスズキもモペッドを製造していたらしい。が、一九六〇年、モペッドに乗るのに運転免許が要るようになり、庶民の足としては「ちょっとなぁ」になる。かくして各メーカーがモペッド製造から撤退していったわけだが、こうした流れを踏まえると、一九七八年に創業し、九〇年代からモペッドを製造、販売し出したフキ・プランニングはレア・ケースであることがよく分かる。ちなみに、二〇二三年現在、国内でエンジン搭載型のモペッドを製造、販売しているメーカーはそうそうない。その点でも同社は、やはり相当レアな作り手なのだと思う。

事程左様、モペッドとは「漕いでもいいし、漕がなくても原チャリの要領ですいすい進む自転車」と言える。但し、それは文字通り原動機付自転車なので、免許もヘルメットもいる。で、こうなるとこう思う人も多いのではなかろうか━━「免許なしで乗れる電動アシスト自転車でよくない?」

私の生活範囲(大阪北部)を見渡すと、電動アシスト自転車は間違いなく普及している。特に女性が乗る自転車は、ほぼ電動アシスト自転車であると言っていいのではあるまいか。下は中高生から、上は老婆まで、実に多くの女性が、あの中央部分が変に曲がったスタンドの自転車に乗り、住宅街の狭い歩道をうつろな顔で爆走していらっしゃる。

ただ、私は電動アシスト自転車に乗ろうと思わない。電動アシスト自転車及び電動自転車には、当たり前のことだがバッテリーが付いている。これがないとそもそも「電動」の機能を果たせないわけだが、バッテリーにはリチウムなどのレアメタル(希少金属)が使われていて、その価値ゆえに盗難によく遭う。二〇二一年には、大阪府内だけでバッテリーの盗難件数が三百以上を数えた。これは世界的な現象らしく、フランスでもバッテリーが盗まれてルーマニアに持ち出される事件が頻発していると、フランスの公共放送が報じていた。バッテリーは、見ただけでは盗品か否かの判別がつきにくく、ために今後も盗難の傾向は続くとされている。こうした状況を思うと、電動アシスト自転車に安心して乗るなどは、なかなか難しいものがある。


FK310 STDⅢ
カラー:シルバー or ブラック
エンジン:フキプランニングオリジナル BE30(空冷2ストローク 単気筒)
希望小売価格:税込82,280円(24インチ)

フキのモペッドはオイル・エンジン式である。今では「環境や健康に悪い」と敬遠する向きもあるだろうが、盗難に遭う可能性は(少なくとも電動アシスト自転車よりは)低い。その点を考えれば、生活環境や諸条件がマッチすれば、日常使いの候補に挙がっていいバイクであるかも知れない。

※写真:有限会社フキ・プランニング


お問い合わせ先

・社名:有限会社フキ・プランニング
・住所:〒246-0002 神奈川県横浜市瀬谷区北町43-18
・電話:045-922-6011
・ホームページ:フキ・プランニングのホームページ







 

モンキー
ホンダ運営の遊園地から、一般の路上へ

スズキのレッツ
日常使いを意識した原動機付自転車